マイクロソフト・オフィシャル・トレーナーってどんな資格?

マイクロソフト・オフィシャル・トレーナーとは、
マイクロソフト社の認定するマイクロソフトオフィス製品のトレーナー資格です。

通称MOT(モット)と呼ばれており、
Microsoft Official Trainerの頭文字をとってMOTといいます。

パソコンインストラクターの資格としても有名。
MOTを持っていなくてもインストラクターにはなれますが、
この資格を持っているとインストラクターとして一目置かれます。

マイクロソフト認定資格取得者という肩書きは
社会での評価も高く、就職・転職にも有利です。

ビジネスシーンでの活躍の場も広いので、
パソコンのインストラクターだけではなく、ぜひ取得しておきたいところです。

人に教えることが仕事になるので、パソコンの知識だけではなく、相手の視点に立って考えることができ、幅広い世代に教えられるスキルも求められます。

MOTを取得するには、「MOT Essentials」、「実技試験」の2科目の試験に合格すること。
トレーナー養成講座「Train the Trainer for MOT」を受講すること。
この3つをクリアしなければならない。

ここでいう「実技試験」とはマイクロソフト・オフィス・スペシャリスト(旧MOUS)にMOT合格レベルで合格することです。

この受験と受講の順番は問われないので、
自分のスケジュールに合うように受験・受講すればいいと思います。



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。